3月の行事詳細

本福寺 八十八ヶ所 春のお遍路参拝

3月16日 13時より
会場:売店前集合
1200年以上の歴史がある四国八十八ヶ所霊場巡りですが、昔は今のように交通の便も発達しておらず、遍路の旅を願いながらも様々な事情で叶える事ができない方が大勢いました。
本福寺の各札所を丁寧に一件ずつ説明しお参りします。
各霊場より持ち帰った八十八ヶ所霊場のお砂を踏みながら礼拝することで、四国を巡ったことと同じ御利益をいただけると考えられてきました。
この「お砂踏み」を用いた「写し霊場」は盛んに日本各地に設けられ、今でもお遍路に出掛けられない人々を迎えています。
ぜひ一度「お砂踏み」を通して四国遍路の魅力の一端に触れ、いつの日か四国霊場へお参りくださることを心よりお待ちしております。
八十八ヶ所の頂上では参加者にお菓子のお接待がございます。

お砂踏み

3月17日 午前10時30分より
会場:宗務所にて受付、本堂にて
宗務所前にて受付し本堂へ。
お砂踏み1000円
本堂に四十四札所、護摩堂に四十四札所で計八十八ヶ所設置されています。
1200年以上の歴史がある四国八十八ヶ所霊場巡りですが、昔は今のように交通の便も発達しておらず、遍路の旅を願いながらも様々な事情で叶える事ができない方が大勢いました。
そこで約400年前に考えられたのが「お砂踏み」です。
各霊場のご本尊様の写し仏をお祀りし、持ち帰った八十八ヶ所霊場のお砂を踏みながら礼拝することで、四国を巡ったことと同じ御利益をいただけると考えられてきました。
この「お砂踏み」を用いた「写し霊場」は盛んに日本各地に設けられ、今でもお遍路に出掛けられない人々を迎えています。
ぜひ一度「お砂踏み」を通して四国遍路の魅力の一端に触れ、いつの日か四国霊場へお参りくださることを心よりお待ちしております。
どなたでも初めての方もお気軽にご参加ください。

春季永代彼岸大供養

3月17日 午後1時より
会場:本堂
彼岸供養とは彼岸に行う先祖供養のことです。インドの古い言葉(梵語)でパーラミターといい、「到彼岸」と訳されます。「迷いの世界である此岸から、悟りの世界である彼岸へと到る」ということです。
また、お彼岸の期間は春分の日を中日とし、それぞれ前後3日間、計7日間です。
すでに往生された人、ご先祖を縁として、お寺参り・お墓参りする期間をいいます。
本福寺では春季彼岸大法要を本堂にて厳修致します。どなたでも参加できます。